急な出費で定期預金から降ろせるか

急な出費に定期預金から引き出すことは可能?

人生いろいろなので、手元にお金がない時に限ってお金が必要になることはよくあること。もう、定期預金に入っているお金を使うしかない!でも、定期って解約しないと引き出せませんよね・・・・。という流れでしたら、自然と解約の方向で考えるようになると思います。

しかし、一般的に定期預金は安定して銀行に預け入れるお金なので銀行としては解約してほしくないのが本音のところ。ですので、解約しないでほしい、貸越でどうかというような話の流れになっていく可能性は高いです。

貸越と言うのは定期を担保に融資を受けることです。利率にもよりますが、定期の利率が高い場合は解約せず、この貸越制度を利用した方が賢いやり方。しかし、金利が低い場合は、定期そのものに魅力がありませんので解約してもいいでしょう。

もちろん、貸越は借金になりますので利子が付きます。すぐに返すようにしましょう。また、貸越をした場合は、全額返金しないと解約ができなくなりますので要注意です。この制度を利用するのであれば、確実にすぐに返せる程度の金額に抑えることが必須条件です。

解約自体は本人が行けば簡単です。窓口に身分証明書と届け印、通帳などを持って行きましょう。本人が行けば、すぐに解約できます。ただし、利率が変わります。満期の利率よりもけっこう下がってしまうのですが、この利率は銀行によって違うのでまず、銀行に問い合わせをしましょう。

また、途中解約に伴い、違約金が発生することもあり得ます。違約金については契約内容をしっかり見てみましょう。貸越を利用するか、解約するか。どちらが損をしないかをしっかり見極めるのが、定期預金を引き出すコツです。