預金の金利は預ける期間で変わる

預金の金利、預け期間で変わるってほんと?

定期預金の金利は預ける期間が長いほど高いってしってましたか?定期の預金は銀行にとっては嬉しいお客様。それもそのはず、銀行は皆さんが預けたお金で資金運用しているので、すぐに下されたりすることのない定期は銀行にとってメリットの大きな契約なのです。そういう理由から、定期預金に対しては金利を高く設定し、お得になるように設定し、定期預金をしてくれる顧客を獲得しようとしているわけです。また、長期になればなるほど銀行としては嬉いので、金利を高く設定してくれます。

ただし、金利は変動するもの。途中で世の中の金利が設定金利を上回ることも考えられます。定期はたいてい、数年、または満期まで契約した時の金利が変わりません。一番いいのは金利が高い時に契約することですが、その後、金利が上がった時に自由に乗り換えることはできません。定期は途中で解約しないことを条件に他の預金よりも金利の面で優遇されているからです。

逆に金利が下がり続けるようなら、利率が高かった時に契約した長期の定期はとてもお得。そのまま大切に解約しないようにしましょう。

ベストな方法は短期の契約と長期の契約の2つの契約を持つようにして、金利が上がったら短期法を乗り換えるようにするとお得でしょう。

ちょっとの工夫と手間が、後で大きな差となって帰ってきます。