預金を始めたいけどネット貯金は大丈夫?

預金を始めたい!ネット上の銀行は安全なの?

そろそろ貯金したいけど、忙しくてそうそう銀行なんかに行けない!引っ越しするから銀行が遠くなる!そんなとき、ちょっと頭をよぎるのはネット銀行。でも、ネット上でのお金の管理はまだまだなじみが薄く不安ですよね。かといって箪笥貯金も今の世の中、怖いもの。ネット銀行の知識を付けて少しでも不安を取り除きましょう!

まず、多くの人が思う不安はID流出でしょう。このネット時代、PCからの情報流出は不安材料としては大きいと思います。しかし、即預金を下ろされることはほとんどありえないはず。根拠は、大抵のネットバンクはパスワードをログインパスワードの他に、残高を見るためのパスワード、振込をするためのパスワードが必要なケースが多いです。また、振込みに使う口座は事前に設定しておくようになっているはずなので、登録外の口座に振り込もうとすると、かなり厳重にチェックされます。

一つ二つのパスワードが手に入れられたからと言って即危険と言うことはありません。こまめに自分のログイン時間をチェックして自分以外がログインした形跡があればすぐに、ヘルプセンターに連絡しましょう。PC上の情報管理に関してはウィルス対策をしっかりし、パスワードを厳重に保管することで防ぎましょう。

とあるネット銀行ではセキュリティに力を入れていて、プロパイダが違ったらログインできない、出入金があればすぐ連絡があるなどなどの対策をしているところもあります。そういったところを選ぶと、こちらも安心ですよね。

もう一つは、こんなに歴史が浅いのだからすぐにつぶれたりするんじゃないの?と思う人もいること。こちらは普通の銀行と変わりありません。銀行自体が無くなったらどこの銀行もペイオフ制度で1千万円+利子分は保障されますので。1千万円未満で分散して預けていれば全く問題ないでしょう。

タンス預金は利子もつかないですし、火事や万が一の災害を考えるとお勧めしません。それに比べるとオンライン上であっても、ずっとネットバンクの方が安全であると言えます。

もちろん、コンビニATMしかないなどのデメリットはありますが、それを踏まえても、利用を検討する価値はあると思います。