定期預金をATMで解約する方法がある

実はあるんです。定期預金はATMで解約できるケース

基本的に定期は窓口解約しないといけません。ATMで定期契約することが可能であったとしても、解約はまた別の話。銀行によっては開設した支店での解約以外認めないと言うほど厳しいところもあるようです。しかし、忙しいのにわざわざ銀行に行って窓口で理由を説明して、手続きやって・・・・なんてやってられませんよね。そんな人、今から定期にしようと考えているなら、ATMで解約できる定期にしませんか?

銀行によって違うのですが、定期預金をATMで解約できるサービスを行っているところは少ないけれどもあります。通帳やキャッシュカードで解約、そのまま預金を現金化するため、あまりにも高額な場合はやはり窓口での解約にはなってしまいますが、一定の金額までだと問題なく解約できます。

また、解約すると自動的に普通預金に自動的に入金してくれるサービスがある金融機関もあります。

もちろん、満期の解約だけでなく、中途解約も可能な金融機関もあります。

多くの金融機関では事故防止のため、窓口での本人確認が必要ですが、ごくごく少数の金融機関ではこういったサービスを提供してくれているので、忙しい方は、こういったサービスがある金融機関を検討するのもいいかもしれません。

大切な財産なのですから、自分のライフスタイルを考え、どこでどういったタイプの預金をするかを慎重に検討しましょう。