定期預金 マイナス

実はあるんです。定期預金はATMで解約できるケース

基本的に定期は窓口解約しないといけません。ATMで定期契約することが可能であったとしても、解約はまた別の話。銀行によっては開設した支店での解約以外認めないと言うほど厳しいところもあるようです。しかし、忙しいのにわざわざ銀行に行って窓口で理由を説明して、手続きやって・・・・なんてやってられませんよね。そんな人、今から定期にしようと考えているなら、ATMで解約できる定期にしませんか?

銀行によって違うのですが、定期預金をATMで解約できるサービスを行っているところは少ないけれどもあります。通帳やキャッシュカードで解約、そのまま預金を現金化するため、あまりにも高額な場合はやはり窓口での解約にはなってしまいますが、一定の金額までだと問題なく解約できます。

また、解約すると自動的に普通預金に自動的に入金してくれるサービスがある金融機関もあります。

もちろん、満期の解約だけでなく、中途解約も可能な金融機関もあります。

多くの金融機関では事故防止のため、窓口での本人確認が必要ですが、ごくごく少数の金融機関ではこういったサービスを提供してくれているので、忙しい方は、こういったサービスがある金融機関を検討するのもいいかもしれません。

大切な財産なのですから、自分のライフスタイルを考え、どこでどういったタイプの預金をするかを慎重に検討しましょう。

定期預金の満期が来た時、銀行の対応は?

銀行にとって定期預金はとても大切な資金源。銀行は皆さんが預けているお金を使って利益を出しています。定期は流動しないので、とても使いやすい資金源になると言うわけです。

さて、みなさんが預けた定期預金が満期を迎えます。老後に差し掛かり、今後の生活資金として定期を解約しようと思い、銀行に行くと、解約を引き留められると言うケースがたびたびあります。解約理由を聞いて来たり、自動更新にしませんか?と言ってきたり、様々な言い方をしてくることでしょう。特に大口だった場合は、銀行にとってはこの上ないお客様なので、引き留めるのにも力が入ります。また、定期を崩す際には入学費用や結婚費用、マンションや車の購入などの大きなお金が動くケースもあり、新たな契約チャンスともいえる為理由を聞くと言う側面もあるようです。

ここで確認しておきたいのが、本当に解約できるケースなのかどうかと言うこと。銀行は口八丁で言いくるめようとする場合もありますが、本当に解約できないケースもあるんです。それはずばり融資を受けている場合。つまり、定期を担保にお金を借りている場合ですね。その場合は返済が済むまでは解約できません。しかし、担保に使っていないのであれば、銀行がなんと言おうと、こちら側の意思で自由に解約できます。

解約できるかできないかのポイントだけ抑えていればあとは自分の判断で決めることができると言うことをしっかりと念頭に置いて銀行と交渉しましょう。

ただし、中途解約の場合は金利が下がったり、違約金が発生するケースもありますので、注意が必要です。

損をしないよう交渉していきましょう。

知っておきたい!銀行が破たんした時の預貯金保障の限度額

ほぼあり得ないことですが、銀行が破たんした場合についての保障について話したいと思います。

ヨーロッパが金融危機に陥っている今、日本も高みの見物はしていられません。事実、バブル崩壊後から100件以上の金融機関が破たんしているのです。

「えっ。じゃあ、私の預けているお金下しに行かなきゃ!」いえいえ、そんなに慌てることはありません。むしろ、みんながそんな調子で引き出してしまったらすぐに銀行は倒れてしまいます。かと言って銀行はみんなの大事な財産が眠るところ。自分の財産が全部泡のように消えたんではたまったものではありませんよね。

銀行が破たんした場合、一つの銀行が破たんするだけでも経済に大打撃を与えてしまうので、国が特別な処置をしてくれるようになっています。すなわち”ペイオフ(預金保険制度)”です。

預金保険制度に加盟している銀行に預金をするとその預金は自動的に保険に入り、保険契約が成立します。そして万が一、銀行が破たんしてしまった場合、
預金保護機関から補償金が戻ってくるのです。

しかし、もちろん、保証される額は限度があります。一人1000万円+その利子額しか戻っては来ません。(ただし、外貨預金や元本補てん契約がない金銭信託などは対象外)

現在、不況が続いていて、金融機関は疲弊しています。もしも、危ないかなと思うようなことがあれば、一つの銀行に1000万円までの預け入れにして分散させておくとよいでしょう。

財務諸表作成、預貯金の金利はどういう扱い?

企業にとっては大切な財務諸表、簿記を勉強している方にもとても縁がある話ですね。財務諸表作成は決算書ともいわれ、その企業の経営状況が一目でわかるように作られます。

時々、預金に伴う金利の扱いに困る方がいらっしゃいます。金利のカテゴリはなんなんでしょう?

正しいカテゴリは”受取利息”そのまんまですね。金額が低いと雑収入で記録する方もいらっしゃるようですが、正しく記録するようにしましょう。【預金○○円/受取利息○○円/国税○○円/地方税○○円】と記載していれば誰が見ても、「銀行の預金がこれだけあって利息がこれだけ付いたんだな」と理解し、疑問に思うこともありません。

上記の国税と地方税についてですが、収入ですので租税公課としてその2つがつくことになります。

【得た収入÷80%×15%=国税】
【得た収入÷80%×15%=地方税】
上記の2つを計上しなければなりません。とても大切な部分なので忘れないように記載しましょう。

企業は経営状況の透明性を求められます。この決算書だけでも、企業の健康性が計られるのです。

建前ではありますが、株式会社は決算書の公開が義務付けられています。もちろん、公開していないところもありますが、求められたら公開する義務も発生します。大きな企業だとネットでも公開され、簡単にだれでも閲覧できるようになっているのでそれだけクリアな決算書が求められるのです。

企業明朗会計を心がけたいものですね

預金の金利、預け期間で変わるってほんと?

定期預金の金利は預ける期間が長いほど高いってしってましたか?定期の預金は銀行にとっては嬉しいお客様。それもそのはず、銀行は皆さんが預けたお金で資金運用しているので、すぐに下されたりすることのない定期は銀行にとってメリットの大きな契約なのです。そういう理由から、定期預金に対しては金利を高く設定し、お得になるように設定し、定期預金をしてくれる顧客を獲得しようとしているわけです。また、長期になればなるほど銀行としては嬉いので、金利を高く設定してくれます。

ただし、金利は変動するもの。途中で世の中の金利が設定金利を上回ることも考えられます。定期はたいてい、数年、または満期まで契約した時の金利が変わりません。一番いいのは金利が高い時に契約することですが、その後、金利が上がった時に自由に乗り換えることはできません。定期は途中で解約しないことを条件に他の預金よりも金利の面で優遇されているからです。

逆に金利が下がり続けるようなら、利率が高かった時に契約した長期の定期はとてもお得。そのまま大切に解約しないようにしましょう。

ベストな方法は短期の契約と長期の契約の2つの契約を持つようにして、金利が上がったら短期法を乗り換えるようにするとお得でしょう。

ちょっとの工夫と手間が、後で大きな差となって帰ってきます。

意外と知らない定期預金と定期積金の違い

定期預金と定期積金。この2つの違いを理解しないまま、ひとくくりに定期預金と言っている方が多いように見受けられます。長所も短所も違ってきますので、どちらが自分に向いているかを理解して利用するようにしたいものですね。

ではまず、積金の方から説明したいと思います。こちらは決まった金額を定期的に、強制的に、貯金していく方法。「あればあるだけ使っちゃうわ~。」と言う人にはうってつけの制度ですね。お給料日に積立てもらえるよう設定していれば、毎月お給料が入ると同時に、最初に設定した金額が貯金に回されていきます。

そして、満期になると、それまでの利息分と併せて一気に総額受け取れますぶたちゃん貯金箱に毎月お小遣いをためて、ある日ぶたちゃん貯金箱を割るあの感覚がよみがえってくることでしょう。また、中途解約も割と自由にできます。しかし、金利が普通預金とあまり変わりがないのが難点かも知れません。

次に定期預金。こちらは中途解約が難しいです。その代り、金利が他に比べて高めです。満期まで解約しないと言うことは銀行にとっては安定した資金になるので、とても大切な預金なのです。定期預金はいわば、”使わないお金を増やしてしまおう”と言う人向けのもの。

比べてみると2つの違いが良くわかりますね。毎月コツコツ貯めるか、一気にどーんと預けて利息を得るか、どちらが自分に合っているかよく考えてからご利用ください。

賢い預金のおろし方!ちょっとでも損を減らしましょう

ただ預金を下ろす。それだけでも差が出ていることにお気づきですか?「明日お金がいるんだった~。いいや、コンビニで下しちゃえ!」「時間がないなあ。時間外でいっか。」いやいやいや。手数料かかるんじゃないですか?1回105円、他の銀行のATMなら210円。すごくもったいないですよ。

どれくらいもったいないかと言うと、例えば金利が0.001%だった場合。1000万円預けてやっと、1年で100円もらえるんですよってことです。なのにたった一回、面倒がっただけでその100円以上の金額を手数料で支払うなんてもったいなく感じませんか?

とはいえ、時間内に行けない場合はどうしようもないですよね。でもちゃんと手数をはらわなくてもよくなるやり方があるんですよ。

銀行によって違いますが、この手数料、0にすることができるんですよ。例として、私の使っている銀行、ポイント制を導入しています。給与振り込みでかなりのポイントを付けてくれるので、それだけで時間外手数料無料になりました。ガスや電気の引き落としまですればコンビニ手数料も無料になるのですが、そちらは主人に取られてしまったので、時間外手数料のみですが、十分助かっています。

また、キャッシュカードやクレジットカードが複合されたカードを作成すると、そのカードでの取引は時間外、ATM共に手数料0というケースも!

最初から時間内に行けないことが多いことが分かっている場合はご利用の銀行に問い合わせることをおすすめします手数料が0になるサービスがあったらラッキー!すぐに申込みしちゃいましょう。

また、反則技ですが、いっそキャッシングと言う手もあります。すぐに返すことが原則ですが、手数料よりも利息の方が安かったり、一定期間、無利息だったりします。また、すぐに利用できますので、お手軽に引き出すことが可能。しかし、前述したとおり、すぐに返すこと。長々借りると手数料どころではなくなってしまいますので要注意。

たかが100円、されど100円です。積み重なると1000円、2000円となっていきますよ!ケチくさいと思うかもしれませんが、金利が低いこのご時世、少額でもコツコツ大事にしましょうね。

急な出費に定期預金から引き出すことは可能?

人生いろいろなので、手元にお金がない時に限ってお金が必要になることはよくあること。もう、定期預金に入っているお金を使うしかない!でも、定期って解約しないと引き出せませんよね・・・・。という流れでしたら、自然と解約の方向で考えるようになると思います。

しかし、一般的に定期預金は安定して銀行に預け入れるお金なので銀行としては解約してほしくないのが本音のところ。ですので、解約しないでほしい、貸越でどうかというような話の流れになっていく可能性は高いです。

貸越と言うのは定期を担保に融資を受けることです。利率にもよりますが、定期の利率が高い場合は解約せず、この貸越制度を利用した方が賢いやり方。しかし、金利が低い場合は、定期そのものに魅力がありませんので解約してもいいでしょう。

もちろん、貸越は借金になりますので利子が付きます。すぐに返すようにしましょう。また、貸越をした場合は、全額返金しないと解約ができなくなりますので要注意です。この制度を利用するのであれば、確実にすぐに返せる程度の金額に抑えることが必須条件です。

解約自体は本人が行けば簡単です。窓口に身分証明書と届け印、通帳などを持って行きましょう。本人が行けば、すぐに解約できます。ただし、利率が変わります。満期の利率よりもけっこう下がってしまうのですが、この利率は銀行によって違うのでまず、銀行に問い合わせをしましょう。

また、途中解約に伴い、違約金が発生することもあり得ます。違約金については契約内容をしっかり見てみましょう。貸越を利用するか、解約するか。どちらが損をしないかをしっかり見極めるのが、定期預金を引き出すコツです。

預金の解約手続き、ぜったに窓口じゃないとダメ?

銀行口座を作るとき、大抵の人は近くに支店がある銀行で作ると思います。しかし、転勤や、結婚に伴う引っ越しなどが多々あり、口座を作った銀行が近くにないケースも度々起こっています。窓口に行こうにも遠いので、忙しい人には難しい問題。でも解約はしておきたい。できれば窓口以外で解約したいですよね。

実は郵送でOKなんです。契約している銀行に必要書類を送ってもらい、記入、返信すれば大丈夫。

でも、まだまだ不安が残りますよね。「残金があるから、それはどうなるの?」「手数料がお高くなるんじゃない? 」などはどうしても考えてしまいます。

解約せずに全額引き出してあとは知らないって感じにすれば問題はないんですが、それでは話の趣旨がずれるので、残金を別の銀行に振り込む場合のことをちょっと考えてみましょう。別の銀行に振り込むことになる場合が多いので、そこそこの手数料がかかります。ですので、郵送を使っての解約にかかる金額は、大体1000円~2000円+郵送料になります。同じ銀行の別口座の場合は手数料がかからないこともあるので銀行に問い合わせてみましょう。

引き出すためにわざわざ遠くまで足を運ぶ手間とガソリン代とを照らし合わせて、それくらい安いもんだ!と思えれば、十分郵送による解約に満足できるのではないでしょうか。

もし、「そんなお金出したくない!」と思うのでしたら、窓口まで行って手続きされるといいと思います。

いずれにせよ、お金が絡むことなので、気になることがあれば、必ず、事前に問い合わせをしてから行動することが大事です。

預金を始めたい!ネット上の銀行は安全なの?

そろそろ貯金したいけど、忙しくてそうそう銀行なんかに行けない!引っ越しするから銀行が遠くなる!そんなとき、ちょっと頭をよぎるのはネット銀行。でも、ネット上でのお金の管理はまだまだなじみが薄く不安ですよね。かといって箪笥貯金も今の世の中、怖いもの。ネット銀行の知識を付けて少しでも不安を取り除きましょう!

まず、多くの人が思う不安はID流出でしょう。このネット時代、PCからの情報流出は不安材料としては大きいと思います。しかし、即預金を下ろされることはほとんどありえないはず。根拠は、大抵のネットバンクはパスワードをログインパスワードの他に、残高を見るためのパスワード、振込をするためのパスワードが必要なケースが多いです。また、振込みに使う口座は事前に設定しておくようになっているはずなので、登録外の口座に振り込もうとすると、かなり厳重にチェックされます。

一つ二つのパスワードが手に入れられたからと言って即危険と言うことはありません。こまめに自分のログイン時間をチェックして自分以外がログインした形跡があればすぐに、ヘルプセンターに連絡しましょう。PC上の情報管理に関してはウィルス対策をしっかりし、パスワードを厳重に保管することで防ぎましょう。

とあるネット銀行ではセキュリティに力を入れていて、プロパイダが違ったらログインできない、出入金があればすぐ連絡があるなどなどの対策をしているところもあります。そういったところを選ぶと、こちらも安心ですよね。

もう一つは、こんなに歴史が浅いのだからすぐにつぶれたりするんじゃないの?と思う人もいること。こちらは普通の銀行と変わりありません。銀行自体が無くなったらどこの銀行もペイオフ制度で1千万円+利子分は保障されますので。1千万円未満で分散して預けていれば全く問題ないでしょう。

タンス預金は利子もつかないですし、火事や万が一の災害を考えるとお勧めしません。それに比べるとオンライン上であっても、ずっとネットバンクの方が安全であると言えます。

もちろん、コンビニATMしかないなどのデメリットはありますが、それを踏まえても、利用を検討する価値はあると思います。